UiPath - 富士ソフトのRPAソリューション

国内外で多数の
導入実績を誇る
RPAツール

About

UiPathとは

UiPath(ユーアイパス)は、デスクトップ上の事務作業や、Webアプリケーション、ブラウザからのデータ取得など、様々なシステムと連携して幅広い操作を自動化するツールです。PCを利用した繰り返しの定型業務や大量のデータ処理を自動化し、生産性向上に貢献します。

※UiPathはUiPath社の米国およびその他の国における商標です。

Realizable

UiPathで実現できること

発見

最適な自動化アイデアを見つけ出す
発見イメージ

開発

シンプルなものから高度なものまで、自動化をすばやく開発
開発イメージ

管理

自動化をエンタープライズ規模で運用管理、展開、最適化
管理イメージ

実行

アプリケーションやデータを操作するロボットを通じて自動化を実行
実行イメージ

協働

人とロボットを1つのチームとして連携させ、円滑なプロセスコラボレーションを実現
協働イメージ

測定

自動化して得たデータを測定し、さらなる生産性向上に貢献
測定イメージ
Products

主要製品

Studio

Studioイメージ

RPA開発者向けの高度な開発が行えます。基本的なプログラミング知識があれば、複雑なプロセスを持つ業務の自動化も開発可能です。

StudioX

StudioXイメージ

コード不要のツールを活用して誰でも簡単に自動化の開発ができます。日常のシンプルな反復業務などを自動化することが可能です。

Robot

Robotイメージ

自動化を実行するソフトウェアロボットです。指示により動くAttendedロボットと、バックグラウンドで動作するUnattendedロボットによりあらゆるプロセスを自動化します。

Orchestrator

Orchestratorイメージ

開発した自動化ツール、ソフトウェアロボットを制御する運用管理の心臓部です。組織内全てのロボットの全ての動きを管理します。

License

主要製品のライセンス体系

製品名 主な利用例 製品構成 スタンド
アロン
オンプレOrchestrator利用 クラウドOrchestrator利用
UiPath - Citizen Developer -
Named User
ビジネスユーザー
(開発・ロボット利用者)
Task Capture/Action Center/
Attended Robot/ StudioX
UiPath - RPA Developer -
Named User
RPA開発者
(開発・ロボット利用者)
Task Capture/Action Center/
Attended Robot/ StudioX/
Studio
UiPath - Attended - Named
User
ビジネスユーザー
(ロボット利用者)
Task Capture/Action Center/
Attended Robot
UiPath - Unattended Robot -
Concurrent Runtime ※1
スケジュール起動可能な自動
ロボット
UiPath - Orchestrator -
Basic ※2
オンプレミス版小規模
Orchestrator
UiPath - Orchestrator -
Standard
オンプレミス版標準
Orchestrator
UiPath - Cloud Orchestrated
Citizen Developer - Named
User
ビジネスユーザー
(開発・ロボット利用者)
クラウド版Orchestrator接続
Task Capture/Action Center/
Attended Robot/ StudioX
UiPath - Cloud Orchestrated
RPA Developer - Named
User
RPA開発者
(開発・ロボット利用者)
クラウド版Orchestrator接続
Task Capture/Action Center/
Attended Robot/ StudioX/
Studio
UiPath - Cloud Orchestrated
Attended - Named User
ビジネスユーザー
(ロボット利用者)
クラウド版Orchestrator接続
Task Capture/Action Center/
Attended Robot
UiPath - Cloud Orchestrated
Unattended Robot
スケジュール起動可能な自動
ロボット
クラウド版Orchestrator接続
主要製品のライセンス体系表
※1Orchestratorの購入が前提 ※2Attended User/Citizen Developer /Unattended Robotの合計で最大5ライセンス、RPA Developer/RPA Developer Pro/Process Developerの合計で最大5ライセンスの接続可能
ライセンスは年間利用料(サブスクリプション形式)となっております。 Named Userとはユーザー単位のライセンスです。
System

主なシステム構成

01

Orchestrator接続なしのスタンドアロンでの利用(例)

ビジネスユーザー(開発・ロボット利用者)

StudioXでビジネスユーザー自身がRPAを開発し、自身のPCで占有して実行する。

RPA開発者(開発・ロボット利用者)

Studioで高度なRPAを開発し、利用者に配布。自身のPCで占有して実行も可能。

ビジネスユーザー(ロボット利用者)

開発をしないビジネスユーザーが提供を受けたワークフローを自身のPCで占有して実行する。

Orchestrator接続なしのスタンドアロンでの利用イメージ

手動ロボット(Attended Robot)はユーザーの直接操作による自動化ワークフローの実行を行う製品で、実行中もユーザー監視下が前提となります。

02

オンプレミス版Orchestrator利用の構成(例)

オンプレミス版Orchestrator利用の構成イメージ
03

クラウド版Orchestrator利用の構成(例)

クラウド版Orchestrator利用の構成イメージ