VMware
Workspace ONE
理想を現実にする
選び抜かれた『10』のプロダクト

このプロダクトは…
こんな方にオススメ!

  • クロスプラットフォーム
    Win10、iOS、Android、macOS、ChromeOS、Rugged、IoTをサポート
  • 順守ポリシーとアクション
    デバイス順守チェックと自動修復ワークフロー
  • モバイルSSO
    証明書ベースとユーザ利便性の向上、順守ポリシーと組み合わせてアクセスを制御

VMware Workspace ONE

安心・安全に、
あらゆるモバイルデバイスを業務活用するための
多機能EMMソリューション

VMware Workspace ONE(以下Workspace ONE)とは、VMware が提供するデジタルワークスペースプラットフォームです。テレワークの急速普及や働き方の多様化により、スマートフォンやタブレット端末の業務利用は当たり前になりました。 従業員ひとりひとりがPC、スマートフォン、タブレットなど複数の端末を所持するケースも珍しくありません。一方で、端末管理や データ漏えい対策はより複雑になり、パスワードの使いまわしやメモ書き残しなど、管理リスクも増大化しています。そこで誕生したのが、多彩な機能をもつデジタルワークスペースプラットフォーム“Workspace ONE”です。

  • Workspace ONE 4つの機能
  • Workspace ONE 4つの機能

    Workspace ONEには、Windows10からモバイルまでを一元管理できるEMM機能や、あらゆるアプリへのアクセスを可能にするSSO(Single Sign On)など、大きく4つの機能があります。

    ①VMware Workspace ONE UEM
    Windows、MAC、iPhone、Android、iPad、Chromeなどを一元的に管理

    ②VMware Workspace ONE Access
    Okta、AD、Verifyを利用しアプリケーションを提供

    ③VMware Workspace ONE Intelligence
    さまざまなデータを集約し、迅速に可視化する機能を提供。自動化にも利用

    ④Horizon
    仮想デスクトップ。仮想アプリケーションを提供

Workspace ONE の強み

ユーザ企業に人気なWorkspace ONEの強みをご紹介。

Workspace ONE の強み Workspace ONE の強み

導入事例も豊富

【ある企業が抱えていた課題】

  • 10万人の企業規模+年度末の約5千人の人事異動で端末管理が追い付いていない、不要なアプリも多い
  • 端末利用者変更に1カ月程度要していた
  • 手運用が多く、負荷がかさんでいる

【導入効果】

  • ポリシーやアプリ配布を適切に自動化
  • 年度末のシステム変更は即日対応を実現
  • 運用負荷の大幅削減、管理生産性は10%向上
導入までの流れ 導入までの流れ
ライセンス比較 担当者からのひとこと 担当者からのひとこと

※製品名をクリックいただくことで各ページへリンクいたします。

インフラ領域でお困りなら、
富士ソフトにお任せください。

お問い合わせはこちら

050-3000-2733
(受付時間10:00~17:00 ※土日祝を除く)