IoTデータの可視化で使用するAWSのダッシュボードサービス比較

IoTの用途の1つとして、収集したデータの可視化があります。

エンドユーザー向けのサービスとして提供する場合は、独自のWeb画面を開発することが多いですが、AWSのサービスを活用して簡単に始めることも可能です。可視化に利用できるAWSのサービスはいくつか存在しますが、今回はAmazon QuickSihgtとAmazon Managed Grafanaの2つをご紹介します。

Amazon QuickSight

Amazon QuickSightは、AWSが提供するBIサービスです。Amazon RedshiftやAmazon AuroraのデータだけでなくSalesforceなどの外部SaaSとも接続して分析が可能です。Amazon QuickSightのデモサイトには、IoT用途のサンプルが用意されています。

Amazon QuickSight Gallery

Amazon Managed Grafana

Amazon Managed Grafanaは、Grafana Labsが開発したオープンソースのデータ可視化ツール「Grafana」向けのフルマネージドサービスです。

Grafanaがよく利用されるシーンとしては、システムのモニタリングがあげられます。IoT用途の利用も想定されており、AWS IoT SiteWise向けのダッシュボードや、re:Invent 2021で発表されたAWS IoT TwinMakerのダッシュボードが用意されています。

Grafana 用 AWS IoT SiteWise プラグインのご紹介

AWS IoT TwinMaker の紹介

比較1:対応するデータソース

Amazon QuickSightとAmazon Managed Grafanaで対応しているデータソースを比較します(Amazon QuickSightとAmazon Managed Grafanaで同様のデータソースは青色)。

Amazon QuickSightAmazon Managed Grafana
Amazon Athena
Amazon Aurora
Amazon OpenSearch Service
Amazon Redshift
Amazon Redshift Spectrum
Amazon S3
Amazon S3 Analytics
Apache Spark
AWS IoT Analytics
Exasol
MariaDB
Microsoft SQL Server
MySQL
Oracle
PostgreSQL
Presto
Snowflake
Teradata
Timestream
CSV and TSV
ELF and CLF
JSON
XLSX(Microsoft Excel files)
Jira
ServiceNow
Adobe Analytics
GitHub
Salesforce
Twitter
Amazon CloudWatch
Amazon OpenSearch Service
AWS IoT SiteWise
AWS IoT TwinMaker
Amazon Managed Service for Prometheus (AMP)
Prometheus(★)
Amazon Timestream
Amazon Athena
Amazon Redshift
AWS X-Ray
Azure Monitor
Cloudflare
Graphite
Google BigQuery
Google Cloud Monitoring
Google Sheets
InfluxDB
Jaeger
JSON
Loki
Microsoft SQL Server
MySQL
OpenSearch
OpenTSDB
PostgreSQL
Redis
Tempo
Zabbix
Zipkin

Amazon QuickSight(Supported data sources)
Amazon Managed Grafana(Built-in data sources)

どちらも主要なRDBMSには対応していますが、Amazon QuickSightはAmazon S3に対応していたり、GrafanaはAWS以外のクラウドサービスにも対応(該当データソースに★を記載)しています。また、Amazon Managed GrafanaはGrafana社が提供するGrafana Enterpriseにアップグレードすることで、Salesforceなどにも対応できるようです。

比較2:ダッシュボードの表現

次に、Amazon QuickSightとAmazon Managed Grafanaのダッシュボードの表現、可視化の方法について比較します。

Amazon QuickSightAmazon Managed Grafana
bar charts
box plots
combo charts
custom visual content
donut charts
filled maps
funnel charts
gauge charts
geospatial charts (maps)
heat maps
histograms
KPIs
line charts
pie charts
pivot tables
Sankey diagrams
scatter plots
tables as visuals
tree maps
waterfall charts
word clouds
Alert list panel
Bar chart panel
Bar gauge panel
Clock panel
Dashboard list panel
Gauge panel
Geomap panel
Graph panel
Heatmap
Histogram panel
Logs panel
News panel
Node graph panel
Pie chart panel
Stat panel
State timeline panel
Status history panel
Table panel
Text panel
Time series panel
Thresholds
Inspect a panel
Calculations list

Visual types in Amazon QuickSight
Visualizations

円グラフ、折れ線グラフ、棒グラフなどの基本的なグラフや地図の表示などはどちらも対応しております。 Amazon QuickSightはBIツールですので、滝グラフ(waterfall charts)や散布図(scatter plots)が利用できます。

Using waterfall charts
Using scatter plots

対してAmazon Managed GrafanaはState timelineやStatus historyいうものが用意されており、IoT用途では機器の稼働状況を表示するのに利用できます。

State timeline
Status history

比較3:ユースケースの比較

Amazon QuickSightはBIツールのため、過去データの集計や分析をした情報の可視化が得意な印象です。
対して、Amazon Managed Grafanaは、リアルタイムに近い「今」のデータの可視化が得意です。Amazon Managed Grafanaには表示データの自動リフレッシュ機能があるため、数秒間隔で最新の情報表示が可能です。

まとめ

Amazon QuickSightとAmazon Managed Grafanaの比較を行いました。

今回紹介したサービス以外にも、Amazon OpenSearch ServiceやAWS IoT SiteWise Monitorなど、IoTデータの可視化をするサービスはあるので、用途に合わせて選択しましょう。

関連サービスについて、詳しくはこちらをご覧ください

富士ソフトのIoT プラットフォーム on AWSはこちら
IoTプラットフォーム on AWS


松井 美佳松井 美佳(Mika Matsui)

エリア事業本部
西日本支社 インテグレーション&ソリューション部 NIoTプロジェクト
シニアマスター

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
オムニチャネルを勧めない3つの理由
column
顧客がネットと店舗、デバイスをシームレスに行き来し、買いたい時に、買いたい場所で、商品を入手できる体験(CX)を提供する――実際、そんな世界...
ECの売上アップ奥義
column
前回(ECでビジネスの可能性は広がるか)は、当社が手がけた独自ECサイト構築のうち、既存のパッケージでは実現できないような特徴のある事例を紹...